華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟について
協同組合 東京問屋連盟
問屋連盟通信
協同組合 東京問屋連盟
問屋街マップ
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 加盟商社一覧
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
お問い合わせ
問屋連盟通信
 加盟店ニュース | 問屋街ニュース | イベント情報 | 経営指南 | 図書室 | その他 | 広告協賛企業一覧 | 問屋連盟通信について
本棚シリーズ No.91 問屋連盟通信Web版 書き下ろし原稿 2019.07.15[月] 掲載
問屋連盟通信 - 本棚(書評集)未来の年表2
〜人口減少日本でこれから起きること〜
河合 雅司著
講談社現代新書・2018年5月20日第1版・840円+税

書籍写真 ☆「未来の年表」のおさらいをしておきましょう。
 「この国の多くは未だにその『鈍感さ』から脱し切れていないようだ」として、筆者は、
「政府は、国民の結婚や出産の希望が叶った場合、合計特殊出生率(一人の女性が生涯に出産する子ども数の推計値)が1.8程度にまで回復するとして、それを政策達成の目安にしている。もちろん、それが回復するに越したことはないが、少子化がここまで進んだ現状では、出生率が多少上昇しても出生数は減り続ける」
「その証拠を、具体的数字としてお示ししよう。合計特殊出生率が過去最低を記録したのは1.25だった2005年のことだ。これに対し、直近の2016年は1.44である。これをもって『少子化対策がようやく効果を見せてきた』と胸を張って語る政治家や官僚もいる」

「だが、両年の出生数を比べて見てほしい。2005年は106万2530人生まれているのに、2016年は97万6978人と、むしろ減ってしまっているのだ」と、筆者は指摘します。

〜安倍政権お得意の統計数字のごまかし、捏造ではないものの国民に対するまやかし〜
そのものではないか、と評者はあきれ返ってモノが言えないのです。
「国民の5人に1人が、古希を越えている」という日本を、消滅の危機から救うために政府は『出生率100万人台の回復・維持』を政策スローガンとしたほうが分かりやすい」のが事実でありましょう。

☆「日本の高齢社会の特徴として、(1)高齢者の『高齢化』に加え、(2)独り暮らしの高齢者、(3)女性高齢者、(4)低年金・無年金の貧しい高齢者ーの増大が挙げられる」のです。
 すでに高齢化している評者自身、他の高齢者のことをいろいろあげつらうのは、我ながら心苦しいが、もう何十年もほぼ毎日東京に通っている手前もあって、「一応、電車やバスの乗降に慣れている」自信から、他の高齢者の挙動にまだるっこさを感じる次第です。
 改札口を通り抜ける時、バッグからSUICAを抜き出す人(カード入れに入れたままのタッチで通れるのに)、バスの乗降でのスローモーな高齢者の動きでJRに乗り遅れてしまうというイライラ感、諸々数え上げればきりがありません(評者自身も同じようなイライラ感を持たれているのでしょうが)。
 「家庭内の事故は交通事故の6倍」との指摘にドキッとします。あの野村監督ですら、奥さんに先立たれたとたん、普通の“老人”に化してしまったことは自分の近未来を暗示しているように感じます(どちらが、先に逝くかで夫婦二人でいると憂鬱になります)。現時点の課題は、わが家では「風呂」の問題です。評者は、高齢に似合わず「入浴は早くて11時」のため、家内が入浴を終えた頃は“夢の中”です。家内曰く、私が風呂で倒れたような場合あなたは一体どうしてくれるのですか?と年中詰問されています。

☆「中小企業の後継者不足が大企業を揺るがす」〜企業の約3割に後継者がいない、『大廃業時代』がそこまで迫っている〜」
 「日本経済を下支えしてきた中小企業。少子高齢化は、こうした縁の下の力持ちの存在を危うくする。経営者の高齢化が企業活動にも大きな影を落とし始めているのだ」と指摘されています。
 中小企業庁の『中小企業白書・2017年版』によれば、
参考資料
【中小企業経営者の平均引退年齢 70歳】(経済産業省調べ)
 ・2015年時点で70歳に達している経営者は、34万人
 ・2025年までに70歳になる経営者は、58万7000人

【後継者不足問題】(東京商工リサーチ調べ)
・倒産件数:2008年1万5646件をピークに下降している。
・休廃業や解散:2016年2万9583万件(前年比8.2%増) 2000年=1万6110件
・中小企業経営者の平均引退年齢70歳を超えるのは、2025年には約93万人となる。
(業種別では「サービス業他」の26.9% 「建設業」の25.4%で半数を占める)

☆大廃業時代の到来と共に「オフィスが高年齢化し、若手の労働意欲が下がる!
〜2040年には働き手の4割は50歳以上。斬新なアイデアは湧かず、ポストも不足する〜
 これ以上、数字を並べるより、皆さんがこの書を実際に手に取って確認されると、今、起こっていること、これから起きることに愕然とされるでしょう。もはや、個人責任の時代でもあります。評者自身も、自分自身は何をなすべきか、じっくりと考えたいと思います。


評者=今宿博史(経営コンサルタント)

ご紹介している書籍は貸し出し可能です。お問い合わせはこちらまで
電話でのお問い合わせ:03-3663-1661



東京問屋連盟 - 貸会議室
東京問屋連盟 - カラーコピーサービス
東京問屋連盟 - 連盟サービス券のご案内
東京問屋連盟 - 経営相談
←
←
↑
→
↑
東京問屋連盟について 協同組合 東京問屋連盟 問屋連盟通信 協同組合 東京問屋連盟 問屋街マップ 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 加盟商社一覧 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
リンク集
協同組合 東京問屋連盟
個人情報保護方針 協同組合 東京問屋連盟 お問い合わせ
華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
協同組合 東京問屋連盟
無断転載複写を禁ず
(c) Copyrights Association of Tokyo Wholesalers All rights Reserved.