華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟について
協同組合 東京問屋連盟
れんめいカードについて
協同組合 東京問屋連盟
問屋連盟通信
協同組合 東京問屋連盟
問屋街マップ
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 加盟商社一覧
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
お問い合わせ
問屋連盟通信
 加盟店ニュース | 問屋街ニュース | イベント情報 | 経営指南 | 図書室 | その他 | 広告協賛企業一覧 | 問屋連盟通信について
本棚シリーズ No.83 問屋連盟通信Web版 書き下ろし原稿 2016.12.31[土] 掲載
問屋連盟通信 - 本棚(書評集)『MUJI』いちばん新しい、無印良品のこと。
マガジンハウス・マガジンハウスムック
2012.7.20初版・880円税込

 いつも当たり前に使っている無印良品のことを考えてみよう。
1980年のスタートから、いまや日本と世界で549店舗、7,500品目を扱う無印良品は、
シンプルで質のいい商品を世界中に届けています。
では無印商品って何だろう?
その答えを「生活のOSである」とたとえた人がいます。
つまり暮らしの基本となるブランドということ。
無印良品はモノを通して、世界中の暮らしの基本を整えている。
そう考えると、ちょっと見方が変わりませんか?

■原 研哉(グラフィックデザイナー)氏が語るMUJI。
 〜無印良品は日本の伝統的な美意識の、現代的運用です〜
 「無印良品はエンプティであると語るのは、原 研哉さん。そこには15世紀の日本に生まれた美意識がありました」
  原氏は、「無印良品の思想は、西洋のシンプルとは異なる。簡素をエンプティネスとして運用する日本の伝統的な価値観に根差している」と語っています。
「海外でMUJIが『禅』と言われる」由縁とも。
 古来よりの人類の歴史から説き起こし、栄耀栄華、古代からの巨大な支配力が瓦解し、機能に即したシンプル、最小、ミニマルといった価値観が称揚されるようになったのは、西洋では、わずか150年ほど前のことに過ぎないのです。
 翻って日本では15世紀末の室町時代後期に、すでに簡素・簡潔な形にたどり着いていたのです。シルクロード経由であらゆる文化圏から影響を受けていながら、なぜ日本に簡素なデザインが行き着くことになったのでしょうか。
 きっかけは、10年にわたって京の街を焼き尽くした「応仁の乱」ではないかと原氏は推測されています。日本の文化は応仁の乱で一度リセットされ、足利義政の東山文化で、新しいスタートを切ることになった、と述べられています。

■MUJI〜やっぱりいいね!無印良品
  この雑誌というべきか、グラフィックというべきか、何度見ても飽きることがないのです。時間があれば、この本をなんとなく眺めているだけで幸せな気持ちになり、新しいヒント、ファイトが生まれてくるのです。
 表紙に、こんな言葉があります!
  “麻をつかう気持ち。
  旅する人は〈MUJI to GO〉!
 〈Café&Meal MUJI〉の新メニュー。
 「もの八分目」を知ってますか?
 〈Found MUJI〉を探す理由。
  収納84センチのひみつ。“

■無印良品の販売は好調です。「無印良品」を運営する良品計画の業績も好調です。
2016年11月の全社売上高は、前年同月比12.4%増、10月は9.8%増、9月は10.2%増、3〜8月は9.0%増で、2016年2月期では全ての月で増加しているのです。
16年3〜8月期連結決算は、売上高は9.7%増の1,617億円、営業利益は22.9%増の197億円と大幅な増収増益になっています。
日本国内だけでなく、海外の無印良品も好調です。海外ではすべてが「MUJI」ブランドです。
16年3〜8月期の日本国内事業では、衣服・雑貨では「オーガニックコットン」「フレンチリネン」といった素材にフォーカスした商品が好調でした。秋冬では「首のチクチクをおさえた・洗えるタートルネック」シリーズが評判でした。同商品は09年に発売され、商品名のとおり、ネック部分に着心地の良い素材を使用し、洗濯機で洗える仕様です。
MUJIは、とにかく「着心地の良さ」を前面に打ち出しています。そして、多くの消費者の支持を勝ち取っているのです。ユニクロの「ヒートテック」を追い上げています。
無印良品の好調な業績を支えているものの一つとして「MUJI passport」があります。日本国内では13年5月に配布を始めて、16年8月末時点で730万ダウンロードを達成したと発表されています。各店舗の在庫の確認や割引クーポンが取得できます。商品の購入などで「マイル」と呼ばれるショッピングポイントを貯めることもできます。   SNSとアプリ上での連動で口コミの拡散が期待できます。

■「問屋街活性化」のカギは、MUJI にあります。
   “やっぱりいいね!日本橋問屋街”
これでは、すっかりMUJIのマネになってしまいます。是非、考えてみましょう!
 成熟化した社会においては、価格だけでは成長できないことは誰もが理解できることです。
 「文化」です。これが、キーワードになります。
 日本橋問屋街は、各種卸企業の集まりであってMUJIのように一社ではありません。それだけに問屋街特有の「文化」を展開することは容易ではありません。
  問屋街の活性化は、商店街の活性化と一律で考えることはできません。構成企業の皆さんが、「問屋街ならではの文化の発信基地」として地道に積み重ねていく工夫が期待されるのです。
  ・日本橋問屋街の総力を挙げたカタログを制作する
  ・SNS対応型の passport を小売店さんに配布しましょう

 マガジンハウス社のMUJI から、多くのヒントが生まれてきます。一読をおすすめいたします。


評者=今宿博史(経営コンサルタント)

ご紹介している書籍は貸し出し可能です。お問い合わせはこちらまで
電話でのお問い合わせ:03-3663-1661



東京問屋連盟 - 貸会議室
東京問屋連盟 - カラーコピーサービス
東京問屋連盟 - 連盟サービス券のご案内
東京問屋連盟 - 経営相談
←
←
↑
→
↑
東京問屋連盟について 協同組合 東京問屋連盟 れんめいカードについて 協同組合 東京問屋連盟 問屋連盟通信 協同組合 東京問屋連盟 問屋街マップ 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 加盟商社一覧 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
リンク集
協同組合 東京問屋連盟
個人情報保護方針 協同組合 東京問屋連盟 お問い合わせ
華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
れんめいカード
協同組合 東京問屋連盟
無断転載複写を禁ず
(c) Copyrights Association of Tokyo Wholesalers All rights Reserved.