華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟について
協同組合 東京問屋連盟
れんめいカードについて
協同組合 東京問屋連盟
問屋連盟通信
協同組合 東京問屋連盟
問屋街マップ
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 加盟商社一覧
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
お問い合わせ
問屋連盟通信
 加盟店ニュース | 問屋街ニュース | イベント情報 | 経営指南 | 図書室 | その他 | バックナンバー | 広告協賛企業一覧 | 問屋連盟通信について
本棚シリーズ No.69 問屋連盟通信Web版 書き下ろし原稿 2015.02.14[土] 掲載
問屋連盟通信 - 本棚(書評集)吉田松陰〜変転する人物像
田中 彰著

中公新書・2001年12月・700円+税

 NHK大河ドラマ“花燃ゆ!”が、2015年の年間を通じて放映されます。
今回の推薦図書は、現在放映中の主人公の一人である吉田松陰についての新書です。吉田松陰、その人の生涯は極めて短いものでしたが、松陰の存在・思想・行動は未だに多くの日本人の間に生き続けています。松陰は、21世紀の現代においてすら、その存在に注目しなければならない存在であることをまず認識しておきたいのです。
 ふたたび、松陰が政治の世界へと現政権の安倍内閣(安倍首相は、現在の長門市出身)の意識する、しないに関わらず、暗黙の形で多大な影響を与え始めているのではないかと感じ、改めてこの書を取り上げ、紹介したいと考えます。
吉田松陰は長門の人。吉田寅次郎、名は矩方、字は義卿、二十一回猛士とも号しています。数え年五歳で仲父(父の弟)吉田大助の仮養子となり、翌年の大助の死と共に吉田家を承継します。吉田家は山鹿流兵学師範として毛利氏に仕え 家禄五十七石余の家柄です。

“動”と“静”の松陰の生涯
 「吉田松陰は、幕末激動期の時代の子であると同時に、時代と対決した人物だった。
松陰の生まれた天保元年(1830)は、長州藩瀬戸内に専売反対の一揆がおこり、これは翌年の防長二国を揺るがす天保の大一揆となった。そしていわゆる安政の大獄のなかで、彼は安政六年(1859)十月二十七日、評定所で死罪を申し渡され、その日、伝馬町獄舎で処刑された」(本書:113ページ)。
 松陰の短い生涯の間に、アヘン戦争、太平天国軍蜂起、クリミヤ戦争、「セポイの乱」で著名なインドの大反乱など、日本の周辺諸国では欧米列強の植民地化、反植民地化の嵐が吹き荒れていたのです。わが国も例外ではなく欧米列強の標的であり、嘉永六年(1853)にはペリーが来航し、翌安政元年(1854)日米和親条約が大老井伊直弼によって締結されています。井伊大老の条約締結が天皇の勅許を得ないままに行われたことから、水戸藩徳川斉昭を始めとする「尊王攘夷派」と幕閣との対決が表面化し、将軍職継嗣問題も絡み未曽有の歴史の大混乱期に突入しています。
 松陰、そのわずか29年の短い生涯は、このような「内憂外患」の最中で、松陰自身が単独で押し寄せる外国勢と対峙し、克服しようとした闘いの日々を送ったことになります。北は奥州から南は九州まで、実に多くの人と議論を交わし、時代状況を体現せんとする「旅」を続けていたのです。明治維新に先駆けた思想家は、ただ真っ直ぐに自分の思うままに日本全国を駆け回り、本能的に日本の地政学的リスクを多くの人に語り続けたのです。
 「旅」「出会い」「議論」「下田韜晦」等の、まさに一刻一秒を争うような“動”の反面において、“静”の「読書」「自省」「獄中」から獄舎・松下村塾における講義・討論・教育に明け暮れ、安政の大獄の最後の犠牲者として人生の幕を斬首によって閉じてしまいます。
 松陰の思想的影響は、松陰没後からより鮮明となり、公刊された評伝だけでも膨大な数にのぼります。松陰その人の短い生涯と比較して、松陰ほど明治から昭和にかけて日本人の心を揺さぶり、また、時代に利用された人物はいないと言えるでしょう。

時代の変遷と「松陰像」の浮き沈み
 松陰とは誰か?現在の日本人にはまったく興味を持たれない歴史上の人物といえるでしょう。果たして、NHK大河ドラマは、史上最低の視聴率で終わるのではないでしょうか?福山雅治の「坂本龍馬」とは決定的に異なる「なんの面白みもない人物」ですから。
 本書は、(1)明治期の松陰像として、「革命家・松陰」を、(2)大正期の松陰像として、「国体と民主主義のはざまに立つ・松陰像」を、(3)昭和期敗戦までの松陰像として、「教育者・松陰像」「松陰主義」を、(4)敗戦以降の松陰像として、「復権、そして多彩なアプローチの・松陰像」を、最後に、(5)「人間・吉田松陰」として、外国人のみた松陰像、松陰の人間平等観、そして、“松陰のまなざし”で締めくくられています。
 松陰自身は知らないままに、時の政権に利用され続け、大多数の国民の敬愛の対象となり、それでいて、誰からも後ろ指を指されることのない歴史上の思想家としてその名を今日まで残してきました。
 松陰が国定教科書に登場するのは、「歴史教科」ではなく、「修身教科書」からです。
明治37年の「第一期」、同43年の「第二期」とも、松陰と高杉晋作、久坂玄瑞ら門下生との人間関係が描かれ、「第三期」大正7年になってはじめて松陰自身が取り上げられます。
 国定修身教科書における松陰の本格的登場は、「第四期」昭和8年になってからで、ここでは『忠君愛国』の項に登場するのです。そして、昭和16年の太平洋戦争と共に「第五期」に、国民教育の理想像としての松陰へと高められていきます。
 その松陰、敗戦と共に消滅したかに見えましたが、昭和二十六年(1951)サンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約調印の年に、奈良本辰也氏によって突如復権(岩波新書)を果たします。

松陰のまなざし
 疾風怒濤の幕末において、命を賭して生きぬいた人間松陰の本当の姿を描いた筆者の本心は、この“松陰のまなざし”にあるのでしょう。時代と共に、松陰の肖像は政治的に利用され続けてきました。それだけに、この章にこそ、真の松陰の姿を描き上げられたのです。
「松陰が松下村塾で、周知のように出身や貴賤にかかわらず、一人ひとりを個性のある人間として対等に扱ったのはなぜなのか。獄中の人々の罪は「疾」のごときもので、治せばよいのだと性善説の上に立って獄中教育をし、彼らの釈放に尽くしたのはなぜなのか。なぜ、被差別の人たちを『平人同様』に扱った廉で入獄していた久子に、心を通わし、共鳴し得たのか。そしてまた、それとからんで、『討賊始末』に全力を傾注し、登波の『解放』を志向したのはなぜなのか。これらを松陰のもっとも深いところで規定していたのは、身内のなかのこの『啞弟』敏三郎の存在ではなかったか」(本書:162ページ)
実弟敏三郎は、大河ドラマにも描かれています。主人公の妹文の生涯と共に、どのようにその生涯を描いているか、注目したいものです
éQçlê}
 吉田松陰像(山口県文書館蔵)


評者=今宿博史(経営コンサルタント)

ご紹介している書籍は貸し出し可能です。お問い合わせはこちらまで
電話でのお問い合わせ:03-3663-1661



東京問屋連盟 - 貸会議室
東京問屋連盟 - カラーコピーサービス
東京問屋連盟 - 連盟サービス券のご案内
東京問屋連盟 - 経営相談
←
←
↑
→
↑
東京問屋連盟について 協同組合 東京問屋連盟 れんめいカードについて 協同組合 東京問屋連盟 問屋連盟通信 協同組合 東京問屋連盟 問屋街マップ 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 加盟商社一覧 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
リンク集
協同組合 東京問屋連盟
個人情報保護方針 協同組合 東京問屋連盟 お問い合わせ
華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
れんめいカード
協同組合 東京問屋連盟
無断転載複写を禁ず
(c) Copyrights Association of Tokyo Wholesalers All rights Reserved.