華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟について
協同組合 東京問屋連盟
れんめいカードについて
協同組合 東京問屋連盟
問屋連盟通信
協同組合 東京問屋連盟
問屋街マップ
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 加盟商社一覧
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
お問い合わせ
問屋連盟通信
 加盟店ニュース | 問屋街ニュース | イベント情報 | 経営指南 | 図書室 | その他 | バックナンバー | 広告協賛企業一覧 | 問屋連盟通信について
問屋連盟通信タブロイド版 - 2012年(平成24年)11月20日 <第2025号> 掲載 図書室 No.39
問屋連盟通信 - 本棚(書評集)『ファッション・ビジネスの世界』
  J.A.ジャーナウ B.ジュデール共著
 尾原 蓉子訳
 東洋経済新報社・1968年7月
 900円

 長年ファッションの世界(といっても当時は厳密に言えば「百貨店衣料問屋」)で生きてきた評者にとっては、1968年といっても実感はなく、「昭和43年の訳書」であるところにこの本の強烈な意義を感じ、大切にしてきた一書です。
問屋連盟通信 - 本棚(書評集) 評者自身、『発刊に寄せて』の一文だけで、百貨店の暗い下請け的な問屋の位置から明るいファッションと言う将来に無限の可能性ある業界に就職したのだという想いに異常に興奮したことを記憶しています。
この訳書は、当時の旭化成工業(株)の“天皇”と称された取締役社長宮崎 輝氏が、3大合繊の一つにまで成長したアクリル繊維「カシミロン発売10周年記念に当り」として出版に踏み切られたものです。まさに、日本のファッション業界にとっての歴史的意味を有する一書なのです。
訳者尾原さんは、「長くカシミロンニットの商品開発の仕事にたずさわり、ニューヨーク州立ファッション工科大学に学んで本書の著者のひとりであるジャーナウ教授に親しく私淑し、先年最優秀賞を得て卒業した人」であると宮崎社長は尾原蓉子氏を紹介されています。 

 発刊に寄せての一節で、宮崎社長が「繊維産業のなかで服飾衣料業界は、2次製品の性格上その経路が複雑多岐にわたり、流行の変遷も激しく、また、各企業単位は中小企業中心であるにもかかわらず扱い高の規模が大きく、これに従事する者も多くの数を擁しています」と述べられているところが、当時気になったものです。
 この昭和43年当時、未だ、わが国には「アパレル」なる用語は輸入されてはいなかったのです。繊維産業といえば、10大紡や旭化成、東洋レーヨン、帝国人造絹絲、日本エクスラン、三菱レーヨン等に代表される装置産業を意味し、今日言うところのアパレル産業は「雑産業」として一括りにされていた時代、いうならば繊維産業は輸出型産業であって、国内需要はほとんど無視されていた時代でもあったのです。

 本書が、わが国の繊維産業を、ニクソン・ショックから第一次オイルショックを経て成熟化する国内向け産業の先陣を切る業界へと大きく変貌・飛躍させていったと言って、決して過言ではないでしょう。価値ある一書として紹介しておきます。

評者=今宿博史(経営コンサルタント)

ご紹介している書籍は貸し出し可能です。お問い合わせはこちらまで
電話でのお問い合わせ:03-3663-1661



東京問屋連盟 - 貸会議室
東京問屋連盟 - カラーコピーサービス
東京問屋連盟 - 連盟サービス券のご案内
東京問屋連盟 - 経営相談
←
←
↑
→
↑
東京問屋連盟について 協同組合 東京問屋連盟 れんめいカードについて 協同組合 東京問屋連盟 問屋連盟通信 協同組合 東京問屋連盟 問屋街マップ 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 加盟商社一覧 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
リンク集
協同組合 東京問屋連盟
個人情報保護方針 協同組合 東京問屋連盟 お問い合わせ
華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
れんめいカード
協同組合 東京問屋連盟
無断転載複写を禁ず
(c) Copyrights Association of Tokyo Wholesalers All rights Reserved.