華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟について
協同組合 東京問屋連盟
れんめいカードについて
協同組合 東京問屋連盟
問屋連盟通信
協同組合 東京問屋連盟
問屋街マップ
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 加盟商社一覧
協同組合 東京問屋連盟
東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
お問い合わせ
問屋連盟通信
 加盟店ニュース | 問屋街ニュース | イベント情報 | 経営指南 | 図書室 | その他 | バックナンバー | 広告協賛企業一覧 | 問屋連盟通信について
問屋連盟通信タブロイド版 掲載 No.31
問屋連盟通信 - 本棚(書評集)世界経済の大潮流
〜経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換〜

水野 和夫著
太田出版・2012年5月初版・1600円+税
 
輝きを失ったユーロ
わが国は、3.11の東日本大震災以来、福島原発問題も絡んですっかり落ち着きのない世の中になりました。政治の混乱もさることながら、やはり気になるのは経済の動向です。
 一方で、発展・拡大へと不動の地位を確立するかに見えたユーロの輝きは、ギリシャという地域的にはヨーロッパとは言えない中東の一角から崩れ始めています。
この地域は、欧州諸国がまだ蛮族であった時代の唯一の文明国であり、欧州諸国の「揺籃の地」でもあるのです。独・仏・伊、英国始め世界に先駆けて文明国化したヨーロッパ諸国にとっては、故郷とでもいうべき地であり、まさに畏敬の国家そのものだけに始末が悪いのです。
 第一次世界大戦の引き金となったバルカン半島に位置しており、また第二次世界大戦時にムソリーニが仕掛けた対ギリシャ戦争の失敗が、独裁者ヒトラーが仕掛けた欧州動乱を集結させる「トリガー」の役割も果たしました。ギリシャは、EC諸国にとっては決して見捨てることのできない国家なのです。  

必ず過剰に行き着く「蒐集」
2001年9月11日、米国同時多発テロが勃発したことは記憶に新しいところです。次いで、2008年9月15日にはリーマンショックが起こり、2009年末にはギリシャ政府による粉飾財政の発覚で、欧州ソブリン問題(ソブリン債とは、各国の政府や政府機関が発行している債権の総称)が、一気に噴き上がります。この危機は、2011年3月11日の東日本大震災へと連鎖していきます。
水野和夫氏は、これらは一見すると何の脈絡もないように見えながら、実は水面下では一つの概念でつながっていると主張されています。その概念とは、「蒐集」(コレクション)なのです。
 この言葉が、この著書の「まえがき」のタイトルです。
著者は、蒐集とは「蒐める」行為そのものを持続化させる営みであり、あくまで動態的プロセスだけに、蒐集そのものに終わりはなく、必ず「過剰」に行き着くものだと主張しています。
9.11は、ウォール街による富の過剰な「蒐集」に対する第三世界からの抗議であり、9.15は過剰に利潤を蒐集するために金融工学を駆使してレバレッジを高めた結果の自壊です。ユーロソブリン問題はドイツの「第四帝国」への野望が、無理矢理ギリシャの土地を「蒐集」した結果、というわけです。3.11は、「資源小国」日本が、過剰に安価で安全な原子力エネルギーを「蒐集」した結果ということになります。
アベノミクスが進める金融過剰政策のゆくえについて、この著作には述べられていません。私たちで考えることになります。

評者=今宿博史(経営コンサルタント)

ご紹介している書籍は貸し出し可能です。お問い合わせはこちらまで
電話でのお問い合わせ:03-3663-1661



東京問屋連盟 - 貸会議室
東京問屋連盟 - カラーコピーサービス
東京問屋連盟 - 連盟サービス券のご案内
東京問屋連盟 - 経営相談
←
←
↑
→
↑
東京問屋連盟について 協同組合 東京問屋連盟 れんめいカードについて 協同組合 東京問屋連盟 問屋連盟通信 協同組合 東京問屋連盟 問屋街マップ 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 加盟商社一覧 協同組合 東京問屋連盟 東京問屋連盟 - 売り出しカレンダー
協同組合 東京問屋連盟
リンク集
協同組合 東京問屋連盟
個人情報保護方針 協同組合 東京問屋連盟 お問い合わせ
華のお江戸のTonya-Town 横山町・馬喰町 良い街・良い品・安い品
れんめいカード
協同組合 東京問屋連盟
無断転載複写を禁ず
(c) Copyrights Association of Tokyo Wholesalers All rights Reserved.